TOPICSおすすめ記事

築30年のマンションをリノベーション

お役立ち情報

トータテリフォームセンターの女性チームが中心になって手掛けたマンションリノベーションが完成したとのことで、お話を聞かせていただきました。
左からコーディネイトを担当した山本さんと、設計を担当した安田さんです。

築30年のマンションは、全体的に傷みが激しい状態。間取りも壁付けのキッチン、和室の続き間、収納不足など、現在ではやや使いにくいものなっていたので、ほぼスケルトンリフォームに近い形で全面的にリノベーションすることにしました。

〈before〉

間取りの大きな変更ポイントは、キッチンを動かして対面タイプにしたことと、和室の続き間をダイニングスペース主寝室ウォークインクローゼットにしたことです。

〈after〉

キッチンの場所をどこにするかがこのリフォームの鍵で、廊下の間口の位置を考えるとバルコニー側に向けるのは難しく、また大きく動かすとコストアップする上、配管を敷設し直すために床の高さを上げることが必要に。
既存の床高を保ったまま新しくしたキッチンを中心に、リビングとダイニングをL字型に配置しました。
リビングから生活感の出る冷蔵庫が見えないように視線を遮断する壁を取り付けたり、キッチンカウンターに立ち上がりを設けて手もとを隠し、調理時に便利なコンセントを設置したのも、女性ならではの配慮が行き届けばこそ。

使いやすい収納にも配慮して、洋室のクローゼットスペースの一部をダイニング収納に。LDに収納があるのとないのとでは暮らしやすさが大きく変わります。

マンションではなかなか得難い部屋として着目したいのが、主寝室に隣接したウォークインクローゼット。バルコニーに面した大きな窓もあるので、書斎や部屋干しスペースとしても活用できそうです。

インテリアコーディネートのポイントは、キッチンのタイル壁。カウンター下を白系の小さなタイル張りにするコーディネートなどはよく目にしますが、ここではチャコール系の渋い大型タイルを壁全面に大胆に。〝ヴィンテージカフェ〟がコンセプトで、ちょっと渋いフローリングの色建具のデザイン、室内窓のデザインガラスアンティーク風の照明などが落ち着いたカフェ風にコーディネートされ、心地よい空間になっています。


タイルの下に巾木を回しているのは、ルンバなどの物が当たって割れたりすることを防ぐ配慮。
「デザインだけを考えれば床面までタイルを貼ってしまえばいいのですが、こうしたちょっとしたところまで考えて施工するのが、建築会社のリフォームならではかな、と感じています」と山本さん。

またLDKをちょっとこだわってコーディネートした分、他は極力シンプルに。玄関ホールから続く廊下は、壁と建具をで統一することですっきりとした空間にまとめました。

その他、LDKの壁を気づかない程度にふかして配線を回すなど、見えないところまで細やかな技術と配慮を行き届かせたリノベーション。
多くの人に見ていただく現地内覧会に代えて、限られた情報ではありますがWEB上でご紹介させていただきました。
現在トータテリフォームセンターのショールームでは少人数・完全予約制にてご家族1組様ずつのご案内で対応しております。
リノベーションに興味を持たれた方、お住まいで気になることがある方は、まずはホームページのお問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。


トータテリフォームセンター 
TEL 0120-920-601
(10:00〜17:00、木曜定休)


住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。