住まいと暮らしの最新情報をお届け

TOPICS住まいのコラム

未来のプロゴルファーの可能性を応援!住まいのトータテ ジュニアレッスン会

トータテニュース
2022.08.18

7月30日(土)に、西区観音のマリーナホップ内にあるマリーナゴルフで「住まいのトータテジュニアレッスン会」が開催されました。6月のレディースゴルフトーナメントの開催に続き、地域のスポーツや活力をサポートする目的でトータテグループが実施。広島県在住の小学生から高校生、初心者から経験者までを対象に無料開催しました。
参加してくれたのは、ゴルフ初挑戦の小学3年生のマイちゃんと、ゴルフを始めて3ヶ月の中学3年生のセイジくん。教えてくださったのは、砂入雅之プロです。

パターでボールに当てる感覚と強さをつかむ

初心者のマイちゃんのために、まずはクラブにはいろいろな種類があることを紹介。鉄で作られているアイアンと、昔は先端が木で作られていたウッド。それぞれ長さや先端の角度が異なるクラブを、距離や用途に応じて使い分けることを説明しました。

その後、まずは自由にパターを打って、ボールがクラブにまっすぐに当たる感覚、打つ強さによってボールが転がる距離が変わる感覚を体験しました。

いろいろなクラブでフルスイングしてみよう

その後は、ゴルフシミュレーターを置いた練習ルームで実際に打ってみます。まずはアイアン、そしてウッド。スポーツの中で一番飛距離が出るゴルフを体感します。

この日始めてクラブを握ったマイちゃんは、天性の運動神経の良さとコツコツ向き合う真面目さで、みるみる上達。初めは当てることに精一杯でしたが、終わり頃には120ヤード飛ばせるようになりました。

セイジくんは、大人顔負けのパワフルなスイングで快音を響かせ、180ヤード超えを連発。まだ中学3年生ですから、今後の成長が楽しみです。

シミュレーターで1ホール体験

しばらく打ち込み練習をした後、また軽くパターの練習で少しグリップを休め、最後にみんなでシミュレーターで1ホールラウンドしてみることになりました。
シミュレーターは世界中のゴルフ場の体験ができて、天候や風などのセッティングもできる本格派です。

砂入プロも一緒に3人でラウンド。順番に打ち合い、2打目からはカップから一番遠い人から打つなどのルールも説明しながら、3人でグリーンオンを目指しました。

その後は、各自時間まで自由にレッスンとなりました。この日は経験者と初心者の二人でしたが、その日の子どもたちのレベルに合わせて、自在にレッスン内容を組み立てるという砂入プロ。
「こうした機会を通して、ゴルフに興味を持ち、将来の広島のゴルフ界を盛り上げてくれるような選手の成長につながったら嬉しいです」と話してくださいました。

ゴルフ好きも多く、ゴルフとは縁の深いトータテグループ。またこうした、地域の支援につながるような取り組みを続けてまいります。


天候を気にせず快適な屋内で、レベルや希望に応じたレッスンや練習ができるマリーナゴルフの詳細はこちら。

関連記事
スタイルシェードにデメリットはある?失敗しないためには?

スタイルシェードにデメリットはあるのでしょうか?スタイルシェードの取り付けで失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?後悔しないためにも、スタイルシェードのメリットとデメリットについて理解を深めましょう。

トータテニュース
河村綾奈さんがスマイル広報部長に就任しました!!

 トータテグループはこの春、新しいPRパートナー(スマイル広報部長)を迎えました。その方は、元RCCアナウンサーの河村綾奈さん!! 3月からフリーアナウンサーとして新たな一歩を踏み出された河村綾奈さん […]

トータテニュース
今年も走りました!女子駅伝チーム「やっぱりトータテ!!」

3月3日のひなまつりの日に西区のBalcom BMW広島総合グランドで行われた、LIONスポーツスペシャル RCCひろしま女子駅伝競走大会 2024。昨年に引き続き、今年もトータテグループ各社から「われこそは!」という脚 […]

トータテニュース