TOPICSおすすめ記事

湿気やカビ対策に有効なお住まいのお手入れ方法や建材を解説

お役立ち情報

梅雨から夏にかけてのジメジメした空気に、「また嫌な季節がきたな」とブルーになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。嫌な気分にさらに追い打ちをかけるのが、気づくと増えているお住まいのカビです。そこで今回は、湿気やカビから解放されたお住まいづくりに向けて、お手入れ方法やお役に立つ建材についてお話しします。

カビの原因と発生しやすい条件とは

実を言うと、カビはお住まいの中を一年中漂っています。普段は、あまりにも小さくかつ数が少ないことから目立たないだけです。繁殖する条件が整うことにより、カビの数が増えてきてカビが生えたと気づきます。それでは、カビが繁殖する条件について見ていきましょう。

カビが発生しやすい時期

「湿度」と「温度」が、お住まいのカビの繁殖に深く関わっています。湿度は70%以上、温度は15℃〜30℃が、カビにとって最高の環境です。つまり、この条件に当てはまる5月下旬から7月中旬頃の梅雨の時期が、最も繁殖しやすいといえるでしょう。

カビは、温度が30℃を超えると活動が弱くなり、37℃以上で死滅することから、夏の盛りではあまり増えません。一方、カビは低温で死滅することはなく、冬場は数が少なくなるだけです。なお、冬場においても、暖房器具により「湿度」と「温度」の条件が整えば繁殖するので注意を要します。

カビが発生しやすい環境や場所

「栄養分」が、カビが繁殖するもう一つの条件です。つまり、「湿度」と「温度」にカビの餌が加わることで活動が活発化します。カビの餌となるものは、食べ物のカスやほこり、汚れ、ダニなどです。

お住まいの中で「湿度」「温度」「栄養分」が整う箇所が、カビが発生しやすいといえるでしょう。以下の場所が特に繁殖しやすい場所です。

・キッチン、浴室・お手洗いなどの水回り

・クローゼットや押入れ

このほか、エアコン内部、タンスや冷蔵庫などの裏側、マットレスなど寝具の裏側、畳も繁殖しやすいといわれています。

まずやっておきたいカビ・湿気対策とは

カビの繁殖を抑えるには、「湿度」「温度」「栄養分」を断つことが何よりも有効な対策です。これらのうち、いずれか一つを断つだけで効果が得られます。「湿度」・「温度」および「栄養分」の対策について、簡単にまとめてみました。

湿度・温度からのアプローチ

まず、お部屋の湿度を60%以下に下げることを目指しましょう。普段の生活で快適と感じる湿度、50%程度を目安にします。湿度を下げる方法は、窓からの換気、もしくはエアコンの除湿機能です。お部屋の中の湿度を均一にするために、サーキュレーターや扇風機で空気を循環させるとなおよいでしょう。

梅雨時期に部屋干しをすると湿度が上がることから、 極力避ける方が望ましいです。部屋干しが必要な場合は、換気やエアコンの除湿機能を用いて湿度管理を徹底します。

温度は、25℃以下が望ましいそうです。しかしながら、お住まいの構造や、健康上の理由で25℃以下が難しい場合もあります。このような場合は、無理をしない範囲で調整を行い、その分「湿度」と「栄養分」の対策をしっかりしましょう。

カビのエサを断つ

カビの栄養分対策は、お住まいのこまめなお手入れにつきます。小さなホコリやチリも餌になるので、ハタキやハンディーモップがけも行いましょう。食べ残しや食べかすもそのまま放置せずに、発生の都度片付けます。

カビの生じやすい箇所別のお手入れ方法

ここでは、カビが発生しやすいキッチンや浴室、および押入れ・クローゼットのお手入れについて、簡単にお話しします。

キッチン

キッチンのカビ対策には、毎日のお手入れが欠かせません。料理を行うたびに汚れを拭き取るようにしましょう。生ごみや食材の残りは早めの処分が大切です。日々のお掃除の仕上げとして、カビの繁殖を抑制するアルコールスプレーをおすすめします。

浴室

浴室は、日々のお手入れが大切です。石鹸やシャンプー、および皮脂の汚れの除去、あるいは最後の仕上げとして、45℃以上の熱いシャワーをかけます。その後、浴室の水分を拭き取って完了です。なお、お掃除中は湿気が室内に逃げないように扉を閉めて、換気扇を回して行いましょう。

押入れ・クローゼット

押入れやクローゼットは、布団や衣類を詰め込み過ぎないようにします。定期的に襖や扉を開けて空気の入れ替えをするとよいでしょう。また、衣替えなどのタイミングで空間のお手入れを行い、糸屑やほこりを取り除きます。押入れにすのこを敷いて通気性を確保する方法もおすすめです。

カビ・湿気対策グッズや建材を活用して快適なお住まいづくり

毎日のお手入れはカビ対策に有効だと分かっていても、お仕事などで続けることは難しいものです。そこで、お役に立つカビ・湿気対策をご紹介します。

カビ・湿気対策に有効なグッズ

湿気を籠らせないために、お部屋の空気を循環させる扇風機やサーキュレーターを用意します。これらは押入れの空気の入れ替えにも大活躍です。また、押入れやクローゼット、あるいはお部屋の隅に除湿剤を置いておくとよいでしょう。

カビの予防には、カビの細胞膜を破壊するエタノールが有効です。無水エタノールを水で薄めて、水回りや押入れ、お部屋など必要な箇所にスプレーします。

湿気対策に有効なお住まいの設備や建材

お部屋の湿気対策に、LIXIL「エコカラット」はいかがでしょうか。エコカラットは、日本の伝統技術である土壁の良さを受け継いだ、呼吸する壁用の建材です。湿度の調整だけでなく、においの抑制有害物質の低減などの効果があります。

室内干し対策として、LIXIL「浴室乾燥機」を活用する方法もあります。浴室の­リフォーム時に、導入はいかがでしょうか。お洗濯物の乾燥だけでなく、浴室のカビ抑制にも効果を発揮する優れものです。梅雨だけでなく、外干しが難しい花粉症の時期や冬場にも大活躍します。

カビや湿気対策で行う換気は、窓を開けるだけでは十分ではありません。どこから風を取り込み、どこへ排出するかという、空気の流れを考慮することが大切です。三協アルミ「効果的に換気できる窓」は、自然の風を活かしたお住まいの換気を実現します。

今回の記事はご参考になりましたか? トータテリフォームセンターのHPでは、他にも様々な事例をご紹介しています。

ご相談も随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。