TOPICSおすすめ記事

お住まいの新築時に押さえておきたい最新の花粉症対策とは

お役立ち情報

春先になるとスギやヒノキの花粉症にお悩みになる方が、年々増えているそうです。中には外出時よりも、家で過ごしているほうがしんどいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、外からの帰宅時や換気時に、花粉が大量に家の中に入ってきているとのことです。それではどのような対策を行えば、お住まいで快適に過ごせるのでしょうか。

今回は、お住まいの新築をご検討中の方に、花粉症やアレルギー対策として押さえておきたい最新設備をご紹介します。

>>リフォーム編はこちら

お住まいにおける花粉の弱点箇所とは

新築時における最新の花粉症対策をご紹介する前に、ここではお住まいにおける花粉の弱点箇所やお掃除など日常生活における注意点を軽くおさらいします。

花粉が溜まりやすい箇所とは

花粉が溜まりやすい箇所とは、トータテマガジン、住まいのトータテ

扉を開けた時に入ってくる、あるいは衣服にくっ付いて入ってくる玄関は、お住まいで花粉が溜まりやすい場所の一つです。また、換気をはじめ、ベランダや庭への出入り時に解放する窓の周辺やカーテンも溜まりやすいといわれています。

衣服や体と一緒に入ってきた花粉が落ちる脱衣所も、溜まりやすい箇所といえるでしょう。また、換気扇を通して入ってくるお手洗いも要注意です。

そして、意外と盲点な場所が、テレビやパソコンといわれています。静電気に花粉が吸い寄せられて集まるそうです。

お掃除など日常生活における注意点

拭き掃除、トータテマガジン、住まいのトータテ

お住まいにおける花粉症対策としてのお掃除は、かたく絞った雑巾を用いた拭き掃除が基本です。空中に舞い上がった花粉は、1時間程度で床などに落ちてくるという調査結果もあります。このため、花粉や黄砂が床などで落ちついている早朝や帰宅後すぐが、最適なお掃除のタイミングです。

掃除機は、花粉を舞い上げることから極力使用を控えます。雑巾掛けが難しいカーテンなどの布類は、粘着テープや花粉除去スプレーを使用するとよいでしょう。また、電化製品はハンディーモップを用います。

外に干す洗濯物も、花粉を家の中に持ち込む原因となります。しっかり花粉を取り払って、洗濯物を取り込むようにしましょう。

新築時に設備を整えて花粉症に備えたお住まいづくり

お家の花粉症対策は、とにかく花粉を中に持ち込まないことです。新築時だからこそ、じっくり検討する、あるいは採用しやすい方法があります。それでは、新築時における最新の花粉症対策をご紹介します

間取りを工夫した対策

新築時に間取りを一工夫して、花粉をシャットダウンする方法があります。家族や来客時に使用する玄関クローゼットはいかがでしょうか。玄関脇のクローゼットで、花粉を払いかつコートなどを一つにまとめることで、花粉の持ち込み防止効果を発揮します。

花粉症対策に役立つ設備

家の中に入ってきた花粉の影響を低減する方法として、天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」などの最新設備の設置をご提案しています。ナノイーは、水から生まれて水に戻る体に優しいイオンです。このイオンの働きにより、花粉だけでなく、カビや菌・ウイルス、および嫌な臭いの原因となる物質を抑えられます。リビングだけでなく、クローゼット、洗面所・お手洗いなど様々な箇所に設置可能です。

花粉症から解放される洗濯物対策

花粉をお住まいの中に入れないために、洗濯物を室内干しに変えてはいかがでしょうか。一年を通じて利用できるランドリースペースは、花粉や黄砂の時期だけでなく、洗濯物が乾きにくくなる梅雨や冬場にも大活躍です。お住まいの美観維持や、洗濯物が人目に触れるのはちょっと・・・という方にも重宝します。

このほか、最新のガス乾燥機を新築時に備えておく、または浴室乾燥機付きのお風呂にする方法もおすすめです。

花粉症の時期も家族の健康も守る、高断熱住宅がオススメ!

お家そのものを高断熱住宅にする方法も、新築ならではの花粉症対策です。ここでは、高断熱住宅と全館空調についてお話しします。

高断熱住宅で一年を通じて快適生活

近年注目されている高断熱住宅のメリットは、気密性能と断熱性能により、外の暑さや寒さの影響を受けにくいことです。これにより、冷暖房費の節約効果を得ながら、窓を開けることなく一年を快適に過ごせます。また、高断熱住宅は、省エネ住宅の補助金の対象となる場合があり、上手な活用を検討するとよいでしょう。

全館空調とセットで家族の健康を維持

部屋ごとの空調ではなく、全館空調を備える方法もあります。全館空調のメリットは、花粉のシャットアウトだけでなく、年間を通じてお家の中を一定の温度に保てることです。また、空気清浄など最新の機能を有するタイプも販売されてきました。お住まい全体の空気を清潔に保つだけでなく、夏場の熱中症から冬場の温度差で起こるヒートショックまで家族の健康を守ります。

しっかりとした花粉症対策に建材を一工夫

花粉症対策のみならず、アレルギー対策としてもご活用いただける建材が、今日では数多く製品化されています。新築時におすすめの主な最新の建材は以下のとおりです。

花粉・アレルギー対策の強い味方

LIXILの「アレルピュア」は、花粉やカビ、ダニの死がいなどの環境アレルゲンの働きを抑える効果が期待できる建材です。抗アレルゲン剤をコーティングしたタイルを、内床に敷くことで玄関の花粉対策となります。また、壁にも使用できることから、リビングや子供部屋の花粉症対策としてご活用はいかがでしょうか。

フローリングへの対策

パナソニックの「アーキスペックシリーズ」は、抗ウイルス・抗菌・アレル物質抑制の機能を有する塗装を施した床材です。花粉やダニの死がいやなどのアレル物質が、表面のアレルバスターに一定時間触れることにより抑制されます。お部屋だけでなく、お手洗いなどの水回りにも施工できる活用の幅の広さが特徴です。

こちらのトータテハウジングのホームページにおいても、最新情報を随時発信しています。ぜひご参考ください。

なお、ここで紹介した商品は2022年4月時点の情報です。新築時における実際の施工については、担当スタッフまでお気軽にご相談下さい。

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。