TOPICSおすすめ記事

2021年に導入率が最高になったZEH(ゼッチ)を詳しく解説

お役立ち情報

お住まいの新築や購入をご検討された時に、「ZEH(ゼッチ)」という単語が気になったことはございませんか。今回はZEHとはなに?といった疑問や、ZEH導入のメリット、補助金についてなど、詳しくお話しします。

そもそもZEH(ゼッチ)とは

ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。また、ZEHの目的を簡単に言うと、地球温暖化対策として温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡するために、省エネルギー住宅の建築を推進することです。これだけでは少し簡単すぎるので、詳しく見てみましょう。

政府目標のもとで進められている住宅の取り組み

ZEHの推進にあたり「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と政府目標が掲げられました。そして、2015年12月に、経済産業省と関係省庁により、「ZEHロードマップ」が策定され、これに基づいて導入支援事業などの取り組みが行われています。

ZEH住宅は高断熱で省エネな住宅

ZEHとは具体的にどのような住宅なのかを3つの視点から解説します。

断熱性能のZEH基準をクリアしている

一定以上の断熱性能があることが1つ目のポイントです。断熱性能とはUA値という数値で評価されます。
UA値は家全体から逃げてしまう熱量がどの程度なのかを図る指標で、数値が低いほど断熱性能が高いと評価されます。
政府が公表している、2030年のZEH断熱基準UA値は0.6以下となっています。
断熱性能が高い家では熱量を家の外に逃がすことが少なくなるため、エネルギーを無駄遣いしにくい家であると考えることができます。

省エネ性能のZEH基準をクリアしている

次のポイントは、導入する省エネ機器による省エネ性能がどの程度あるかがポイントです。
冷暖房、換気、給湯、照明の4つの項目に対して、省エネ対応の設備を導入することでエネルギー消費削減を目指します。それらの設備で使用するエネルギー消費量のことを一次エネルギー消費量と呼びますが、ZEHは、この基準一次エネルギー消費量より20%以上削減できている住宅です。
ZEH+と呼ばれるさらに高い基準では、一次エネルギー消費量の削減率は25%となっています。

創エネ性能のZEH基準をクリアしている

断熱と省エネの性能をクリアすることでエネルギー消費を削減することはできますが、完全にエネルギー消費をゼロにすることはできません。太陽光発電などでエネルギーを創り出し、消費するエネルギーと創り出すエネルギーの差し引きで全体でゼロにすることでZEHの基準であるゼロ・エネルギー住宅を実現することができます。年間の消費エネルギーよりも多くの再生可能エネルギーを創り出すことができるのがZEHとなります。

ZEHを導入するメリット

ZEHを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

光熱費がお得に!

建物の断熱性能を高め、かつ効率の良い設備を使用することにより、光熱費を抑えることができます。太陽光発電などの再生可能エネルギーを用いることにより、さらなる光熱費の低減を図るとともに、売電による収入を得ることもできます。

住まい全体が快適に!

建物の断熱性能が高まると、一年を通じて室温を一定に保ちやすくなります。つまり、夏は涼しく、冬は暖かい、快適な空間での生活が実現します。特に冬場においては、住まい全体を効率的に暖められることから、急激な温度変化が原因とされるヒートショックなどの未然防止にもつながります。

停電・災害時に安心!

太陽光発電や蓄電池の活用により電力が賄えることから、台風や地震などの災害に伴う停電時においても、エネルギーの心配をすることなく生活できます。

補助金を受け取ることができる

ZEH住宅の基準を満たしたうえでZEH補助金制度に合格することで、ZEH補助金を受け取ることができます。

補助金を活用してZEHを導入しませんか?

ZEHの導入推進に向けて、国が主導となり導入支援事業を実施中です。これにより、ZEHの要件を満たす住宅を建てる、あるいはリフォームを行う場合は補助金が利用できます。

2022年度(令和4年度)のZEHの補助金も確定しているようです。環境省が2022年度の重点施策として掲げている項目の中に盛り込まれており、1戸あたり55万円の補助となる見込みです。
詳細については、令和4年度の予算成立後に確定されるため、今後、若干変更があるかもしれませんが、ぜひ注目しておきましょう。

引用元:環境省 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業
https://www.env.go.jp/guide/budget/r04/r04juten-sesakushu/1-1_08-1.pdf

グリーン住宅ポイント制度

「高い省エネ性能等を有する住宅」か「一定の省エネ性能を有する住宅」の取得に、さまざまな商品への交換に利用可能なグリーン住宅ポイントを発行する制度でした。もちろん、ZEH住宅も対象となりますので、この制度の活用もぜひ検討しましょう。

ZEHビルダーについて

ZEHビルダーとは、自社で受注する住宅のうち、ZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言し、かつ公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者などのことです。平成28年(2016年)より公募・登録がはじまり、令和2年11月時点において7,603社がZEHビルダーとして登録しています。ZEHの家づくりの検討の際には、ZEHビルダーに相談することをお勧めします。

  • トータテグループのZEHビルダー
  • ・トータテハウジング
  • トータテハウジングはZEHビルター登録企業です。2016年からZEHの取り組みをはじめ、ハウスオブザイヤーインエナジーを7年連続で受賞するなど、人と環境に優しい家づくりが評価されています。
  • https://housing.totate.co.jp/quality/
  • ・タケイ
  • 岡山で高性能住宅をご提案しているタケイ。「LOW-E HOUSE」では、断熱性能 Ua値0.26(実測平均値)・気密性能 C値0.2(実測平均値)の高性能住宅が評価され、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021」特別優秀賞を受賞しました。
  • https://www.k-takei.co.jp/information/news/22389/

まとめ

ZEHの家づくりの特長である断熱、省エネ性能から夏涼しく冬は暖かい家で、快適な住空間を実現できることがご理解いただけたと思います。またZEHの創エネ性能により、家計に優しい家づくりを実現しつつ、災害、停電などによって電力が止まるという心配からも解放されます。

断熱性の高い家づくりを実現するためには、住宅の間取りや工法なども重要なポイントになりますし、また創エネのためには太陽光発電の設備の導入やメンテナンス、コスト面などご不安に感じられる点や何から検討し始めたらよいのかと感じられる方もいらっしゃると思います。


数多くの実績をもとに、お客様一人ひとりのあしたの住まいづくりをご提案する、トータテグループまでいつでもお気軽にお問い合わせください。

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。