TOPICSおすすめ記事

白島ブランチで和みのひとときを

お宅拝見

今回訪ねたのは、白島の隠れ家的なカフェ「白島ブランチ」。

実は、トータテハウジングで自宅併設のカフェを建てられたお客様のお店なのです。オープンは2017年、久しぶりのご挨拶も兼ねて、担当したトータテハウジング金本さんも一緒に伺いました。

お邪魔にならないように、閉店少し前に伺うと、店内にはまだお客さまで賑わっていらっしゃいました。居心地が良いので、皆さん「帰りたくなくなる」とよくおっしゃられるそうです。

三角地の限られた空間をうまく活用しており、お客様にも「設計が素晴らしいですね」「店内のレイアウトや内装を参考にさせてください」とよくお声掛けいただくとのこと。「親身に考えてくださった金本さんと設計の平谷さんのおかげです」と、嬉しいお言葉もいただきました。

コロナ対策のための換気に、フルオープンになる折れ戸(下写真左の窓)が大活躍しているそうで、「提案していただいて本当に良かった」と教えてくださいました。

飾り棚をデザインに活かしたレジスペースも好評。木目のクロスを貼った柱部分に自宅に続く隠し扉を設けたのも、限られたスペースを有効活用するアイデア。お客様も皆さん聞いて驚くという隠し扉、どこにあるかわかりますか?

オープン以来、口コミで常連のお客様が増え続けているお店の自慢の一つは、コーヒー。ご主人のご友人が開かれた焙煎所から、焙煎したての豆を少量ずつ仕入れているので、常に焙煎後3、4日以内の香り高い豆を使用。

それをご主人がサイフォンで丁寧に淹れます。メニューには本日のお勧めコーヒーがずらりと並びますが、好みを伝えてご主人にお任せしても楽しいです。オープン前に、オーナー様ご夫婦と焙煎士のご夫婦4人で飲み比べて選んだという、ハウスブレンドもぜひお試しください。

コーヒーなどドリンクには必ず、奥さま手作りのくまちゃんクッキーが付いてきます。一つ一つ手間をかけて焼いている可愛いくまちゃんは、お店の名物として知られ大人気なのです。

ブランチ」の名前の通り、営業時間は7:00〜15:30モーニングからランチ、そしてカフェ、いずれの時間も楽しめます。ランチとデザートは奥さま手作り。日替わりランチを毎日のように食べに来られる常連様のためにも、なるべく飽きないようにバリエーションに配慮しているとのことで、品数もしっかりあって本当にすごいです。ドリンク付きで900円はお得。

写真は黒板メニューとは違う日のランチ

もう一つの人気メニューは、フレンチトースト。こちらはご主人の得意の一品で、多くの人に聞かれるというその作り方は企業秘密なのだそうです。

しかしお店が愛される一番の理由は、オーナー様ご夫婦のお人柄。あたたかい雰囲気で迎え入れ、話しかければ気さくに応じてくださる居心地の良さに、リピーターファンが多いようです。

そんな常連のお客様の要望で店内を活用した交流イベントも多彩。2週間ごとに壁を飾るギャラリー、様々な趣味の教室コンサートナイトカフェマイブレンドチャンピオンシップなどなど。地域の賑わいや、新たな人や楽しみとの出逢いの場としても喜ばれているそうです。

ぜひ、ぶらりと立ち寄ってみてください。


白島ブランチ

広島市中区東白島町1−32

082-836-3039

7:00~15:30、土・日定休

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。