TOPICSおすすめ記事

壁紙コーディネートコンテスト入賞 Wさま邸

お宅拝見

昨年末、サンゲツ中国四国支社が主催する壁紙コーディネートコンテストにて、トータテリフォームセンター羽根さんが見事に入賞されました。その素敵なコーディネートを実現された住まいで生活を始められたWさま邸に伺ってお話を聞くことができましたので、ご紹介します。

〈家の中心を広々としたLDKに。取れない柱を丸く加工してクロスを貼りました〉

施主様が引き継がれたのは、ご主人のお祖父様がこだわって建てられた実家。家の造りはしっかりしていたものの、冬の寒さや間取りの使いづらさをリフォームで解消して、奥さまと新しい暮らしを始めることを決められました。

外観は、周辺でもよく見られるオレンジ色の瓦に漆喰の外壁の日本家屋の風情を残したまま。よく見ると横長窓が追加されていて、窓も新しい断熱サッシに入れ替わっています。

しかし玄関を入ってみると、すっかり今どきのお洒落な家! このギャップもご主人の希望通り。驚く訪問者に「トータテマジックすごいじゃろ」とお話しくださっているそうです。

〈玄関ホールは薄いグレーのクロス、ニッチに同色のギンガムチェック柄を用いてアクセントに。正面には光を透過するハイドアをアウトセットで設置〉

ホール右手のドアを開けると、元の縁側を活用したランドリールーム。日当たりも良く、とても使い勝手が良さそうです。

正面のドアを開けるとLDK。客間に使われていた和室の続き間と、縁側、廊下、水廻りまでを取り込んで、24.8帖の広々としたLDKを生み出しました。家の中心の最も良い場所が日常ではあまり使わなれい客間になっていたのは、昔の日本家屋に多い造り。家族がよく使うのは狭いDKだったので、「広いリビングに憧れていた」というご主人の希望を実現しました。

〈家の中心を広々としたLDKに。取れない柱を丸く加工してクロスを貼りました〉

一方で、お祖父様がこだわった上質な床の間の設え(しつらえ)は残されることを希望。建具を開け放つとLDとつながる空間になるため、インテリアを調和させることが課題に。グレー、グレージュ、木目のニュアンスカラーで優しい雰囲気に統一したLDKと色調を合わせ、グレーのクロスや畳を選んだことで、全体をまとまりのある空間に仕上げました。

〈梁や柱、廻り縁などを見せる真壁で和の雰囲気は残しつつ、畳やクロスのトーンを揃えることでLDKに調和。縁側の横梁も見せる演出に〉

テレビ背面の壁には、石目調のクロスを選択。窓側、ランドリールームにつながるドアの隣には提案でカウンターを造作。ランドリールームから取り込んだ洗濯物にアイロンをかけてハンガーに掛けられるように、サイドにポールを取り付けた配慮にも感動したとお話しくださいました。

他にも、キッチンやトイレ、クローゼットなど、各所にいろいろなパターンのクロスで遊び心を加えているのに、色調を合わせることで全体にまとまりを生み出していることが、受賞の決め手に。北欧調の雰囲気が好きというセンスの良い奥さまと、その思いを受けて一緒にベストな組み合わせを考えた羽根さんの信頼関係が生み出した結果とも言えそうですね。

動線も便利になり、しっかりとした断熱工事で冬も暖かく思い出のある家をとても快適暮らし継ぐことができたとWさま。古民家リフォームのお手本にも、コーディネートの参考にもなる本当に素敵なお住まいでした。


入賞の紹介記事はこちら。家具のない状態の写真と見比べるのも興味深いので、改めてチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓


お問い合わせは、トータテリフォームセンターへお気軽に

0120-920-601


住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。