TOPICSおすすめ記事

噂の「らくピタ」のモデルハウスへ行ってみよう!〜カジュアルスタイル編

住まいとタウン情報

トータテハウジングからの新しい提案であるコンセプト住宅の「らくピタ」。
あらかじめ考え抜かれた「空間」のピースをパズル感覚で組み合わせて、楽しく、効率的に、自分の理想の住まいの形を見つけることのできるこれまでにない注文住宅のシステムです。
この「らくピタ」を形にした2つのモデルハウスが、こころに誕生。その見どころやポイントを、「らくピタ」の企画を担当した平谷さんに聞きました。

ライフスタイルピースをプラスしたカジュアルスタイルの家

最初に紹介してもらったのは、カジュアルスタイルのモデル。シックなダークグレーに一部木目をアクセントに取り入れた、片流れ屋根の2階建てと1階建ての家を組み合わせたような外観になっています。

間取りのポイントは、玄関や水廻りなどの暮らしを支えるベースピース、暮らしの中心となるLDKのコアピースに、暮らしを楽しむスタイルピースでゆとりをプラスしていること。

ただいま手洗いと、キッチン直結の動線が便利なベースピース

玄関を入ると、ホール正面に水廻り、左手にLDKにつながる扉があります。右手のシューズクロークカウンターには、帰宅してすぐに手を洗うことができるただいま手洗いを設置したプランになっています。

玄関でもう一つ注目していただきたいのが、土間の左手に設置されたシューズクローク。ウォークスルータイプになっていて、通り抜けた先がキッチンに直結。買い物して帰った荷物をすぐにキッチンに置くことができる便利な動線です。

キッチン、ダイニング、リビングがIラインでつながるコアピース

LDKは、キッチン、ダイニング、リビングを縦のラインにつないだ回遊性のある動線。ダークカラーの床材やキッチンの面材で引き締めた、ヴィンテージ感のあるインテリアにもご注目ください。

階段や収納扉のシャープな色使いもポイント。階段下には空間を活用したニッチカウンターを設置しています。

暮らしにゆとりをもたらすスタイルピース

LDKに隣接した、スタイルピースの空間も見どころ。キッチンの横には、ワークスペース。家事室やスタディスペース、在宅ワークにも活用できます。

その隣はフレキシブルスペース。トレーニングルーム、子供の遊び場、ホビールーム、ランドリールームなど、ライフスタイルに合わせて用途は自由自在。勾配天井と天窓によって生まれる、実際の広さ以上の開放感をぜひ現地でご体感ください。

リビングとフレキシブルスペースに面したウッドデッキは、外とのつながりを感じるセカンドリビングとして活用できます。

実物大のモデルハウスを見ることで、「らくピタ」で組み合わせた間取りがどのように形になるのか、より具体的にイメージしていただけると思います。見学予約を受け付けていますので、ぜひご覧ください。


らくピタとモデルハウスの詳細はこちら

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。