TOPICSおすすめ記事

リノベスタジオで生きるチカラあふれるアートとの出逢いを! PEACE ART POP UP SHOPがオープン!

住まいとタウン情報

PEACE ART(ピースアート)という名前を聞いたことがありますか?
広島の障がいを持つアーティストたちが手掛ける「描く人も観る人も笑顔になれる、生きるチカラあふれる広島発のアートプロジェクト」です。

そんなピースアートのデザイン性を活かした商品が、そごう広島店新館5階TOTATEリノベスタジオに併設されたHIROSHIMA GOOD THINGSに集合。3月末までの期間限定ポップアップショップとして販売されることになりました。
プロジェクトに立ち上げから携わってきたニューズアンドコミュニケーションズの松井智美さんに、ピースアートについてお話を伺いました。

「 障がい者の作品を買ってもらう」から「アーティストの商品を楽しむ」へ

松井さんが今の仕事に携わるようになったのは2016年。「広島市ピースアートプログラム アート・ルネッサンス」に入選した作品を使用し、広く一般に普及・販売する事業に手を挙げたことから始まりました。初年度は全作品を集めたポストカードブックなどを作成しましたが、次年度からはもっと多くの人に興味を持って手に取ってもらえる商品を作れないかと考え、受賞作だけにとらわれず商品とマッチングする作品に目を向けるようになりました。

〈福山市のエトランジェ ディ コスタリカとコラボして生まれたB6リングノートとA7リングメモ〉

さらに、素敵な作品を生み出す作家をアーティストとして確立させていきいと考え、彼らの名前や背景を打ち出したプロデュース活動もスタート。作品と名前が知られファンが増えていくことで、彼らが創作に打ち込める環境が整ったり、モチベーションが向上するなどの変化につながっていきました。

松井さんがさらに良かったと感じたのは、彼らを支えるご家族や施設職員さんの気持ちや考え方の変化。多くの偏見や配慮を要するケアにジレンマやストレスを抱えてきたであろう支援者の皆さんが、彼らの感性に誇りを持ち、より前向きにサポートに向き合い、一緒に活動に取り組んでくれるようになったそうです。

〈売り場でも、ピースアートを代表する10人のアーティストを紹介しています〉

アートで社会貢献できることを付加価値として

商品化した作品の作者へは、著作権使用料としてロイヤリティを支払い、文化活動支援や芸術活動を通じた経済的自立の支援に貢献しているピースアート。
作品自体を先入観なしにアートとして評価してもらうべきなのか、障がいのある人の自立支援の手段の一つとして紹介していくべきなのか。常に葛藤を抱えてきたという松井さんは、「私はただ、広島にも素敵な作品があって、おもしろいアーティストさんがいるよ!ということをお伝えできたら良いのかな。その後は相手がどう感じて、どのような価値を見出して頂くかにお任せしようと思っています」と語ります。

ピースアートを語る上で、障がいのある人が手掛けた作品であることと、平和都市広島から発信していることは外せない側面。お気に入りの商品を購入することが、障がいのある人の自立支援にも役立つのなら、それは他の商品にはない付加価値になります。
入り口はどこからでも、ピースアートとの出逢いを通して、毎日が少しハッピーになったり、それを手掛けたアーティストや彼らを支える人たちを知るきっかけになったり、背景に込められたあらゆる人にやさしい「平和都市」の実現への思いを感じてもらえたりしたら、それら全てがピースアートの魅力なのではないかと感じました。

〈呉市の昴珈琲とコラボしたドリップコーヒー。中身は呉特別支援学級の生徒によるオリジナルブレンド〉

ピースアートの商品が全て手に取れるのはリノベスタジオだけ!

最後に、障がいという個性を持つアーティストならではの特徴や作品の魅力について聞いてみました。
まず挙げられたのが集中力。描き出すと周囲のことは全く気にならないほど没頭する人が多いそうです。さらに思い切りの良さ、独特の視点や色使い。そして人にどう思われるかなどを気にせず、打算なく描きたいものに向き合う純粋性と話してくれました。

毎年少しずつアイテムを充実させてきたピースアートアーティストたちの商品が全て揃うのは、現在オンラインショップ以外では、トータテリノベスタジオだけ。彼らの作品の色使いや構図が持つチカラに触れて、心に響く商品と出逢えるまたとない機会となります。バスセンターの利用やお買い物のついでに気軽に覗いてみてください。

お部屋のインテリアになるファブリックパネルから、カラフルな色使いのハンカチやてぬぐい、マスクなど、眺めているだけで心がハッピーになるような商品がいろいろ。購入された商品は、ピースアートを象徴する鬼頭純平さんのイラストが描かれたペーパーバックに入れてお渡ししています。

これからもピースアートの活動に関わり、さらに魅力的な商品を生み出し、多くの人に届けたいと語る松井さん。今回のリノベスタジオの企画が、1人でも多くの人にピースアートのことを知ってもらえるきっかけになることを願って、ご来場をお待ちしています。


開催期間/2022年3月31日(木)まで
場所/TOTATEリノベスタジオ(そごう広島店 新館5階)
※営業時間、定休日はそごう広島店に準じます


様々な思いや作品が紹介されている公式HPもぜひご覧ください

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。