TOPICSおすすめ記事

こころ展示場/新発想いっぱいのパッシブデザインモデル

住まいとタウン情報

今回は、こころに誕生した新モデルハウスを訪問。トータテハウジング企画営業部の木原さんに見どころを聞きました。

キュービック状の外観に、白と木目の外壁。ちょっとこれまでのモデルハウスにはなかった、新しい印象を受けます。エントランスの左手には、樹脂デッキの中庭。今回も、中庭がカギを握る間取りとなっているようですよ。

室内に入って左手がリビングフローリングの木目がかなり印象的です。これは、2mm厚の無垢材をモザイク状に貼り付けた挽き板という床材。高さを揃えたウッドデッキと同系色なので中庭と一体感を演出します。また同様の壁材は、約3mという天井高を印象づけるのにも効果的となっています。
IMG_6623
リビングから、中庭を中心に鍵型にダイニング、キッチン、和室へと続きます。
IMG_6652
これを見ていただくとわかるように、南向き住宅最奥リビングがあります。
中庭で奥行きを持たせ、前面にはシンボルツリーのシマトネリコを植えることで、外部からの視線を柔らかく遮り大きな窓を設けてもゆったりと寛げる空間を実現しています。
また、リビング前の軒を深くすることで、夏の強い日差しは遮り、室内の温度上昇を抑えます。風は、全面の窓から入り、リビング上部の窓に抜けていきます。風や光などの自然エネルギーを最大限に活用、快適な室内環境を整えるパッシブデザインを実現した住まいになっています。
採光にも配慮し、朝のからの光はキッチンへ、昼間のの光はリビングへ、直接受けたくない西日はエントランスの外壁に反射して取り込む工夫も。

 

外張断熱を取り入れた仕様。窓ガラスは断熱性の高いトリプルガラス。外気と内気の温度差を調整して換気する熱交換換気扇などを採用し、エネルギー効率も最高クラス免震装置ミライエも4箇所に設置し、地震にも強い構造です。
その他、キッチン収納ローボードにして床と同じ板を貼ることでインテリアのように見せる演出、つかず離れずの気配を共有する子ども室の壁個性的なニッチ空気の循環に考慮した和室の仕切り、1Fの天上高の違いを上手に活かした主寝室のスキップフロアなど、気になる提案ももりだくさん。

間取りにも仕様にもインテリアにも参考にしたいアイデアが溢れているので、ぜひ現地でご覧ください。

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。