TOPICSおすすめ記事

わが家のリフォーム体験記 4〜リフォームで暮らしは変わるは本当だった!

お役立ち情報

真夏の4日間の工事を終え、新しいお風呂と洗面室に生まれ変わったわが家。
お客さまの住まいやショールームの取材で、住宅設備がどんどん進化することは知ってはいたのです。5年も経つともはや別物のようにお手入れが楽で使いやすくなるのに、わが家の場合は20年! それはもう驚くほどに快適になりました。「そんなの当たり前でしょ」と思われることもあるかもしれませんが、20年前からタイムスリップしてきたと思って、生あたたかく読んでやってください。

■ お手入れ楽々バスルーム

まずはお風呂。以前は四方にスノコが敷いているタイプだったので、その定期的な掃除が不要になっただけでも、格段に気持ちが晴れやかになりました。まだ冬になってないのでそこまで実感できませんが、恐らく浴槽の保温力も進化していると思います。

他にも進化を感じたのはこんなところ(ちなみにTOTOさんのサザナ)。
● 踏み心地が良く、以前より乾きの早いほっカラリ床と、掃除しやすい排水口
ワンタッチで開閉できる浴槽排水口(以前はチェーンの先にゴム栓が付いているタイプ)
● 軽くて掃除しやすい(以前はシャッタータイプで溝がよくカビたし、何度か切れて買い直した)

そして、浮かれた家族の希望でマグネット式の詰め替えボトルを購入。壁が鋼板製のHQパネルになったので、磁石が付くのです。シャンプーなどのボトル類を壁に付けると、液だれで底が汚れることがないので、なかなか良いです。

わが家なりのアレンジになったのは手摺りの活用。浴槽の横にスペースが取れなかったため、洗い場の手がかりになる位置に付けていただいたのでした。これが、やはり浮かれて買い替えたお風呂の椅子と桶を掛けておくのにちょうど良し。床に触れさせず、水切れが良いのがグッドなポイントです。

また悩んだ末に浴室暖房乾燥機は付けなかったのですが、追加料金をお支払いしてポールだけは付けてもらったのでした。これが便利!
パラソルハンガーを広げるスペースがあるので、洗濯し終わった洗濯物をとりあえず浴室内で整えて、ハンガーごとさっと外の物干し竿に掛けに行くだけ。日に焼けない! 蚊に刺されない! 夏場に一戸建ての庭に洗濯物を干す時の悩みが一つ解消しました。
冬は夜に洗濯して浴室内に仮干ししておいて、翌朝外にさっと干し直しておけば、早く乾いて生乾きも防げそうです。

■ 隠す収納ですっきりの洗面台

続いて洗面台。ここでもお手入れしやすい洗面ボウルや、止水しやすいレバーハンドル曇りにくい鏡なども良いのですが、どうしても欲しかったのが、鏡裏の収納。ほこりも気にならず、すっきり収納でき、何より良いのは目に入りにくいこと。認知症の義母が目につくものを何でもどこかへ持っていってしまうことに悩んでいたので、義父母が使う最低限のものだけオープンシェルフに置いて、それ以外は全て鏡裏へ。これは認知症の人と暮らしている人にしかわからないメリットだと思います。

持ち出してほしくないタオルも、引き出しにしまうことにしました。

■ ついでにキャットドア

ついでにお願いしたいと思い立ったのが、キャットドア。真夏の寝室にエアコンをつけていても、猫の出入りのために扉を少し開けていると、押されて全開になって冷気がガンガンに逃げ出していることがしばしば。キャットドアがあればと思っていたのですが、自分でドアに穴を開けるのはさすがに無理と諦めていました。
工事前の打ち合わせ時に、工事の方が来られる時に追加で付けていただけないか聞いてみたところ、受けてもらえました。
職人さんが洗面所の工事が終わった後、寝室のドアを外しに来て、取り付けて、戻してくださいました。さすがはプロの技!! 美しい仕上がり!!
猫が最初はなかなか慣れず、通ってくれませんでしたが、アクリルのフラップ扉を開けた状態で固定したら、通り抜けてくれるようになりました。これで冬の暖房効率も向上しそうです。

ということで、リフォーム後の生活は快適そのもの。
水廻りのグレードアップと合わせて洗濯機を買い替えたこともあり、掃除、洗濯の家事効率が向上! これまで気になっていた様々なモヤモヤも解消! 何より新しい設備は眺めていても使っていても気持ちいい!
そして、キレイな空間のまま保ちたいという思いが、以前よりこまめな掃除や片付け習慣を後押し。リフォームや新築後のお客さまが綺麗に暮らし続けておられるお気持ちが少し理解できました。
さらには、こまめに掃除をしたり、収納効率を見直したりという行動が他の部屋にも波及。リフォームをきっかけに家中がプチリフレッシュしたような気がします。

まるで、何もかもがうまくいく通信教育のうたい文句のようですが(笑)、リフォームで暮らしが変わるは本当だと実感しました。いつかはリフォームしたいと検討されている方には、どこかで思い切ってみるのもいいですよ、とお伝えしたいです。
お世話になったトータテリフォームセンターの皆様、ありがとうございました!!


リフォームのお問い合わせは、トータテリフォームセンターへお気軽に

0120-920-601


住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。