TOPICSおすすめ記事

モデルハウス購入前に押さえておきたいメリット・デメリットとは

お役立ち情報

お住まいを新築する際に、建売住宅や注文住宅のほかに、「モデルハウス購入」という選択肢があることをご存知でしょうか。「モデルハウスって購入できるの?どんなメリットがあるの??」など、素朴な疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、モデルハウス購入のメリット・デメリットや、購入に際し押さえておきたいチェックポイントについてお話しします。

モデルハウスについて詳しく知ろう

住宅の購入あるいは新築を検討される際に、多くの方が参考として訪れるのがモデルハウスです。まずは、モデルハウスについて簡単に解説します。

そもそもモデルハウスとは

ハウスメーカーなどが、分譲地の一画や住宅展示場などに住まいの見本や参考のなるように建てられるのがモデルハウスです。分譲住宅が完売した時に家具付きの分譲住宅として販売されたり、あるいは住宅展示場のモデルハウスの見学期間終了後に販売されることがあります。

モデルハウスとオープンハウスの違い

住宅展示場のモデルハウスは、住まいの見本となることが前提です。建物の仕様や最新の設備を展示するとともに、インテリアコーディネーターなど住まいのプロが選んだ上質な調度品を取り揃えることで、新しい生活を想像する、あるいは住まいの検討の参考となるために建てられています。

一方、分譲地のモデルハウスは、実際の分譲地に建てられるのでサイズ感や間取りなど、購入後のその住まいでの日々の暮らしをより具体的にイメージしやすいといえるでしょう。

オープンハウスとは一定期間、あるいは特定日に見学ができる住宅です。分譲地のモデルハウスもあれば、完工済みの新築住宅をお引き渡し前に開放する場合があります。

モデルハウス購入に向いている人・向いていない人とは

どのようなタイプの人が、モデルハウスの購入に向いているのでしょうか。参考として向いている人・向いていない人について整理しました。

モデルハウス購入が向いている人

間取りなどを含めて、既に完成しているのがモデルハウスです。間取りや仕様についてはプロの提案にお任せしたいという方は向いているといえるでしょう。

また、分譲地のモデルハウスは、既に完成形で販売されていることから、今すぐにでも入居したいとお望みの方にも最適です。

モデルハウスとして多数の方が見学された後の入居になりますので、そのことにあまり抵抗を感じない方が向いているようです。

モデルハウス購入が向いていない人

既に出来上がった家を購入することになるため、間取りや仕様設備、デザインなどにこだわりをお持ちの方は、モデルハウスの購入を避けたほうがよいでしょう。

また、他人が使用した、あるいは触れた痕跡が気になる方にも、モデルハウスはおすすめできません。

モデルハウス購入のメリット・デメリットとは

販売中のモデルハウスの購入に際して、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれについて、まとめてみました。

モデルハウス購入のメリット

モデルハウスは、住まいの見本としての家具や照明はじめ、家電や生活雑貨などもトータルでコーディネートされています。これらの調度がセットで付いてくるモデルハウスを購入すると、新たに取り揃える必要がなくなります。 その場合は同等の間取りやデザインの新築物件に比べて、住宅を比較的安く購入できる点が何よりものメリットです。また既に出来上がっている建物を購入することから、間取りやデザインを検討する手間が省略できます。
分譲地のモデルハウスを購入する場合は、購入後すぐに入居できることもメリットといえるでしょう。

モデルハウス購入のデメリット

築後1年以上経過したモデルハウスは、その間に誰も居住していなかったとしても、中古住宅の取り扱いになる点に留意しておきましょう。中古住宅として購入すると、「住宅瑕疵担保責任保険」に加入できない場合があります。また、備え付けられている家具や電化製品の保証期間が、新規に購入した製品に比べて短いことも要注意です。

また、見本としてモデルハウスを多くの人が訪れていることから、内装や調度品に傷が付いている場合があります。モデルハウスの購入が決まりましたら美装してのお引渡しになりますが、それでも気になる細かい傷などは、自身で補修が必要な場合があります。

失敗や後悔しないためのチェックポイント

モデルハウスの購入に際し、失敗や後悔しないためのチェックポイントについてみてみましょう。

住まいの条件に合うかどうか確認

メリットや見栄えに目を奪われ、家族構成やライフプランをはじめ、自分達が理想とする条件とあまりにもかけ離れているモデルハウスを購入すると、後になって後悔する可能性があります。

家具などの調度の配置やお部屋の使用方法、生活動線、あるいは交通アクセスなど、新しい暮らしをイメージしながら、住まいに求める条件を箇条書きにしておきます。そして、それらの条件に優先順位を付け、モデルハウスがどれだけ条件を満たしているのか確認しましょう。優先順位が高い条件に当てはまるほど、失敗するリスクが低いといえます。

建物や設備について確認すること

既に完成している分譲地のモデルハウスは、建物の基礎あるいは建物内部の構造を直接目で確認することが難しくなります。資料などで施工の様子や仕様を確認するとよいでしょう。また、契約書にて瑕疵担保責任や保険の取り扱いについてもご確認ください。

また、家具や調度品などがどこまで付属して販売されているのか確認し、買い足さなければならないもの、あるいは入居前に処分しておかなければならないものを整理しておきましょう。

モデルハウスの購入をご検討中の方、ならびに購入にまつわるご相談はトータテハウジングまでへお気軽にご連絡ください。

住まいのカタログ →
様々な住宅プランから失敗しない
住まいのポイントを全て無料で閲覧できます。
お問い合わせ →
お困りの点があれば
お気軽にお問い合わせください。